MENU+-

先輩からのメッセージ

本校は、本物の緊張感の中で、知識や技術を研鑽できます!

奥山卓弥(岩手高等学校卒)

 私が国際医療福祉専門学校一関校を選んだ理由は、2年間で救急救命士国家試験の受験資格が得られるところや、公務員対策の講義が充実しているところに魅力を感じ、志望しました。
 学校では、病院実習や消防実習も経験しました。実際の現場の緊張感を肌で感じ、知識や技術を研鑽することができました。
 日頃の学校生活では、「救急救命士の資格を有した消防士になる」ため、仲間と共に頭と身体を鍛えています。
 人命救助の最前線で活躍するためには、多くのスキルを身につける必要があります。これからも知識や経験など、乗り越えないといけない高いハードルがありますが、人命救助の最前線で活躍するため、自分と一緒にがんばりましょう!

奥山卓弥さん(岩手高等学校卒)

国家試験の点数は、努力した分だけ伸びます。

新田悠乃さん(岩手県立宮古商業高等学校卒)

私は将来、救急救命士の仕事に就きたいという夢がありました。高校時の進路研究のとき、一関市に救急救命士の国家試験受験資格が得られる学校があると知り、また、地元から離れたくない思いもあり、国際医療福祉専門学校一関校に志望しました。
 在学中は、病態を理解しやすいことから、解剖生理学の授業に特に力を入れて取り組んでいました。解剖生理学は2年生で行われる基礎実習修了式の発表課題にもなっているので、しっかり学習することをおすすめします。
 現在は、岩手県消防学校で消防の基礎を学んでいます。消防学校でも消火、救助の他、救急の授業もあるので専門学校で学んだ知識・技術がとても役立っています。
 国家試験は勉強(=努力)した分だけ点数が伸びます。たくさん勉強して全員合格を目指してください。それから、公務員試験は早くから過去問を中心に勉強することをおすすめします。

新田悠乃さん(岩手県立宮古商業高等学校卒)

即戦力となるための知識と技術を学ぶことができます。

高橋謙さん(岩手県立水沢高等学校卒)

 国際医療福祉専門学校一関校を選んだ理由は、2年間で救急救命士国家試験の受験資格が得られるところと、消防就職を目指せるというところに魅力を感じ志望しました。
 在学中は、消防の仕事に就いたときのために、実習に力を入れて取り組みました。実習は消防就職後に即戦力となるための知識や技術を学ぶことができます。
 現在私は、盛岡地区広域消防組合に就職し、初任教育学生として岩手県消防学校で消防の基礎を学んでいます。専門学校の授業や力を入れて取り組んでいた実習の授業の成果が発揮できています。
 救急救命士の国家試験合格は簡単なものではありません。でも、先生の授業や現役で活躍している救急救命士の講師の先生方の授業を真剣に受けていれば必ず夢を叶えることができると思います。
 ぜひ頑張ってください!

高橋 謙さん(岩手県立水沢高等学校卒)