MENU+-

先輩からのメッセージ

「頑張った人は頑張った分だけ報われる」を胸に、
救急救命士の仕事に励んでいます

私は現在、消防署で救急隊として勤務しています。消防署では、救急業務の他、事務作業など、今は仕事を覚えるため忙しい日々を送っています。
 私が国際医療福祉専門学校一関校を選んだ理由は、救急救命士の仕事に興味があり、担任の先生に進路相談したところ、この学校はどうかと薦めていただきました。在学した2年間は、基礎的なことから、医学や救急などの専門的なことまで学習するため、とても充実した中身の濃い学生生活を過ごすことができました。
 また、絶対に国家試験に合格をしたいと思っていたので、すべての教科を頑張りましたが、消防の採用試験の際に体力試験があるので、毎日ランニングや筋トレを日課にしていました。
 「頑張った人は頑張った分だけ報われる」
自分のためだけではなく、助けを求めている人を救えるように勉学に励んで、ぜひ一緒に救急救命士としてがんばりましょう!

初心を忘れず素敵な救急救命士を
目指してください

救急救命士の仕事は助けを必要とする傷病者と病院をつなぐ命綱です。私は現在、希望でもあった地元の消防に勤めています。現場への出動はしていませんが、BLS(一次救命処置)の訓練などを行なっています。
 私が国際医療福祉専門学校一関校を志望した理由は、東北圏内にある救急救命士の養成校の中で特に2年間という在学期間で受験資格が得られる点や、ボランティア活動を通して地域貢献を行なっている点に魅力を感じました。
 在学中は、救命の基礎となる「解剖生理学」の授業に力を入れて取り組みました。また、救命処置の授業で学んだ技術や知識が役に立っています。さらに、消防に勤務している今も、大事な命綱を切らないため、日々たくさんの知識・技術の習得が必要です。
 でも、初心を忘れない意味でも、日々の知識・技術の習得が必要と感じます。ぜひ、皆様もこの道を志した初心を忘れず素敵な救急救命士を目指してください。