MENU+-

先輩からのメッセージ

地域に貢献できる理学療法士を目指しています

 高校の部活動で肩を痛めたことがあり、その際に自身の体と真剣に向き合ったことで、体の動きについて関心を持つようになりました。理学療法士を志すようになった大きな契機でした。

医学について一から学ぶことや、学校で上手くやっていけるかなど、入学当初は様々な不安がありました。ですが、先生方が授業で疑問に思った所などを時間を割いて熱心に教えてくださり、また、協力してくれる仲間のおかげで、日々の学習に集中することが出来ています。新たな知識を得ることに楽しみを感じ、そしてこれからの実習を通して自身を成長させていきたいです。

国家資格に合格できるよう、先生方や先輩方、仲間の力を借りながら日々精進していきたいと思います。

佐藤 華笑さん(岩手県立水沢高校出身)

学校で学んだことを臨床へ

私は、国際医療福祉専門学校一関校での学生生活を振り返ってみると、同じ目標を持った仲間と協力し、充実した3年間を過ごすことができました。

入学したときは、しばらくは不安なこともありましたが、学校や学生寮の仲間との関わり合いの中で、信頼される理学療法士になりたいことはもちろんですが、本当の意味での「なりたい理由」を見つけることができた3年間でした。

最後に、自分が国家試験を受験して感じたことは、試験範囲が広いことからも早い段階から国家試験を意識した対策に取り組むことをお勧めします。

藤井 拓さん(岩手県立大船渡高校出身)