MENU+-

先輩からのメッセージ

在学中の実践に近い実習がとても役に立っています

奥山卓弥(岩手高等学校卒)

 国際医療福祉専門学校一関校を選んだ理由は、最短2年で救急救命士の受験資格が取得できるところに魅力を感じたからです。また、実際の現場で活躍されてきた消防士の先生方にご指導いただけることに魅力を感じたからです。
 在学中は、解剖生理学という授業に特に力を入れて勉強していました。人体の構造を学ぶものであり、救命処置を行う際に一番必要な知識なので、毎日復習をしていました。
 現在は、岩手県消防学校で初任教育を受けています。警防・救助・礼式・法律等を学んでいますが、一関校での実践的な救急活動がとても役に立っています。
 人の命を救うという事は簡単なことではありません。そのため救命士になるためには覚えることもたくさんあります。しかし、命を救いたいという強い気持ちがあれば夢をかなえることができます。
 みなさんも、夢に向けてがんばりましょう。

長谷川 和輝さん(岩手県立不来方高等学校出身)

現場に出た際に適切な処置を冷静にできるようイメージをもって取り組みました

この学校を選んだ理由は、2年という短い期間で救急救命士になるために必要な知識や技術を学ぶことができ、国家試験を受験することができるからです。また、公務員対策の授業もあったのが嬉しかったです。
 在学中は、解剖生理学と実習に力を入れて取り組みました。解剖生理学は医療について学ぶ上で基本となる学問です。実習は、現場に出た際に適切な処置を冷静にできるように力を入れて取り組んでいました。
 現在は、消防学校で初任教育を受けています。救助やポンプ操作だけでなく、礼式や消防組織制度、法学など様々なことを学んでいます。
 救急救命士を目指すみなんさへ、救命士になるためには、多くのことを学ばなければいけないので大変ですが、自分の夢を現実のものにするために頑張ってください。

千葉 紗依さん(岩手県立千厩高等学校出身)