MENU+-

カリキュラム

理論とテクニックはもちろん、臨床におけるコミュニケーションの向上も目指します。

基礎分野
●科学的思考基盤 人間の生活(210時間)
・生命倫理 ・心理学 ・教育学 ・社会学 ・法学
・対人関係論 ・物理 ・情報科学
・保健体育Ⅰ・Ⅱ ・英語
専門基礎分野(900時間)
●人体の構造と機能及び心身の発達
・解剖学Ⅰ・Ⅱ ・生理学Ⅰ・Ⅱ ・薬理学
・病理学 ・人間発達学 ・臨床心理学 ・公衆衛生学
●疾病と障害の成り立ち及び回復過程の促進
・医学概論 ・内科学・老年学 ・整形外科学Ⅰ・Ⅱ
・神経内科学・脳外科学 ・精神医学
・運動学 ・小児科学 ・栄養学
●保健医療福祉とリハビリテーションの理念
・リハビリテーション概論(理学療法概論) ・社会福祉学
専門分野
●基礎理学療法学
・基礎理学療法総論 ・理学療法研究法Ⅰ・Ⅱ ・卒業研究
●理学療法管理学 ・理学療法業務運営管理
●理学療法評価学
・理学療法評価法Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ ・臨床運動学
●理学療法治療学
・日常生活技術論 ・理学療法演習ⅠA・ⅠB・ⅡA・ⅡB
・理学療法技術論 (脊髄疾患、整形外科・スポーツ、脳血管疾患、内部障害、小児疾患)
・運動療法総論 ・物理療法学Ⅰ、Ⅱ ・義肢学 ・装具学 ・理学療法持論
●地域理学療法学
・地域リハビリテーション論 ・予防医学 ・生活環境論
●臨床実習
・臨床実習Ⅰ(見学) ・臨床実習Ⅱ(評価) ・臨床実習Ⅲ(総合)