MENU+-

先輩からのメッセージ

地域に貢献できる理学療法士を目指しています

 私は、中学の頃に病院へ見学に行き、その時に医療の現場で働きたいと考えていました。その後、以前祖母が病気を患い、リハビリテーションを受けていたことを知ったのが、理学療法士を目指すきっかけでした。
 本校を志望した理由は、3年で理学療法士を目指せることと学生寮があることに魅力を感じたからです。
 勉強は難しく大変ですが、日々勉強をする仲間の姿をみることや、協力してくれる仲間のおかげで、私自身も刺激を受け、学習に取り組むことができます。
 将来、地域の医療に貢献できるように、日々の学習、これからの実習を通して多くのことを学んでいきたいと思います。

小林哉太さん(岩手県立宮古高等学校出身)

学校で学んだことを臨床へ

私はスポーツが好きで、仕事をするならスポーツに携われる職種がいいという理由で理学療法士を目指し、この学校に入学しました。
 日々の学習や実習は簡単ではありませんが、先生方のご指導や同じ目標を持った仲間との協力・支え合いがあり、とても充実した学校生活を送ることができました。
 現在、高齢化社会・健康寿命の延伸という背景もあり、慢性期のリハビリテーションについて興味を持ち、理解を深めたいという考えから、老人保健施設への就職を決めました。
 今後は臨床現場で知識・技術を磨き、患者様一人一人としっかり向き合える理学療法士になりたいと思います。

葛西 栞さん (盛岡市立高等学校出身)