MENU+-

先輩からのメッセージ

地域に密着した学習方針が魅力です。

私の住んでいる地域も高齢化が進み、それと同時にリハビリを必要とする方々がたくさんいます。私は地域にリハビリという面で貢献をしたいという思いから、理学療法士を志そうと考え、国際医療福祉専門学校一関校を志望しました。
 学校では、地域に密着した学習方針があり、私が高校時代に行っていたボランティア活動による地域の方々との交流と通じるものがあり、本校を志望するきっかけともなりました。
 当たり前かもしれませんが、将来は、患者様の要望を聞きながら適切な処置を施すことが出来る理学療法士になることです。そのために、日々の学習に真剣に取り組み、コミュニケーション能力や人間性を磨いていきたいと考えています。
 入学したばかりで、専門分野は難しく感じますが、理学療法士になれるよう仲間と助け合いながら一緒に頑張っています。

遠藤百華さん(岩手県立千厩高等学校卒)

地域の医療に貢献できる、人間を目指します。

 私が国際医療福祉専門学校一関校を選んだ理由は、学生寮があったため、学費や生活費の条件が合ったことが志望の理由でした。
 寮生活は、同じ志を持つ友達や、朝夕の送迎バスもあったので、学生生活も有意義に過ごせました。
 在学中は、解剖学や生理学、運動学の三教科は、国家資格取得にも大切な分野です。また、評価学という科目は、色々な教科や分野に応用できると考え特に力を入れて学習しました。
 現在は、病院内で介護保険部門にて業務にあたっていますが、学生時代に医療技術を学んだことで、利用者への対応で役に立つ場面があると感じます。
 日々、医療の現場に肌で触れながら、少しでも力をつけて地域の医療に貢献できる人間になりたいと思います。

小松田詞音さん(秋田県立横手城南高等学校卒/理学療法学科平成31年3月卒業)