MENU+-

理学療法士について

対象者の生活の質(QOL)の向上を目指して
様々な治療・指導等を行います。

理学療法士は、病気、ケガ、加齢に伴う筋力低下などにより、身体に障がいを持った方に対して、その基本的動作能力(歩く、立つ、座る、握るなど)を最大限に回復できるように、「運動療法」や「物理療法」の実施や、「日常生活活動」の指導を行います。  また、単に身体機能の治療だけでなく、対象者の生活の質(QOL)の向上を目指して様々な治療・指導等を行います。そのため、人間的な優しさ、明るさ、協調性が求められています。